2024年02月24日

No.4308マネジメント(中)#31マネジメントの仕事マネジメント(上)#19働く人と働くことのマネジメント285F1【第二次世界大戦の頃に人間関係学派の研究成果が発表されて以降、動機づけ、自己実現、産業心理学、産業社会学、人間関係についての研究と文献が花ざかりとなった。㉜】P.F.ドラッカー投稿数世界一 4,308日目(2024年2月24日) 感謝‼

"(前回続き)

もし、そうであるならば仕事の設計において、低い基準の仕事というものは、多くのことを成し遂げる挑戦的な仕事には成り得ない。そのような「仕事ぶり」は働く人にとって達成感も、満足感もなく、意欲的に働くことの基礎とはならないからだ。

このことから、仕事の基準は高く、挑戦的なものとし、最高の「仕事ぶり」を目標とするよう設計しなければいけない。その目標を達成し優れた仕事をすることで、人は自らに誇りをもてるようになる。"
経営学ランキング
posted by 剛 at 10:54| Comment(0) | ドラッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2024年02月13日

No.4306マネジメント(中)#31マネジメントの仕事マネジメント(上)#19働く人と働くことのマネジメント285F1【第二次世界大戦の頃に人間関係学派の研究成果が発表されて以降、動機づけ、自己実現、産業心理学、産業社会学、人間関係についての研究と文献が花ざかりとなった。㉜】P.F.ドラッカー連続投稿世界一 4,306日目(2024年2月13日) 感謝‼

"「(働く者にとって、仕事は常に挑戦でなければならない。平均的労働者のための平均的作業量を定めることほど人的資源の本性に反することはない。)(中略) なぜなら、人の本性は、最低ではなく最高の仕事ぶりを目標とすることを要求するからである」

ドラッカーは、「人は何かを、しかもかなり多くの何かを成し遂げたがる。自らの得意なことにおいて何かを成し遂げたがる。能力が進んで働く意欲の基礎となる」と言う。

(次号へ続く)"
経営学ランキング
posted by 剛 at 06:09| Comment(0) | ドラッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする