2019年07月31日

No.2648非営利組織の経営V#3成果をあげるための意思決定p145F6【意思決定とは現在の資源を不確かな未来に投ずることである】P.F.ドラッカー連続投稿世界一 2,648日目 感謝!!

"ドラッカーは、意思決定において長期と短期の2つの時間を「調和」させることの重要性を述べている。調和させることが難しければ「バランス」させる必要がある。

つまり、目前の課題に対する意思決定は、長期的な目標に基づいた意思決定であることが要求される、と言うことである。

当然、「現在の資源を不確かな未来に投ずる」ためにリスクがともなう。

リスクを負ってでも追うべき機会なのか?と言うことを「バランス」させながら考えるのである。

リスクについてドラッカーの考え方は4つに分類される。
@負うべきリスク(事業にはつきもののリスク)
A負えるリスク(機会の追求に失敗しても多少の資金と労力を失う程度)
B負えないリスク(破滅するか、永久的なハンディを負う)
C負わないことによるリスク(成功すれば莫大な利益が得られる)

未来の事業目標や手段は目に見えない。そのため、決まりきった正解は無い。正解のない世界で必要になるのは正しい「問い」である。

正しい「問い」を発することで事物を様々な角度から検証し、長期と短期の時間を「調和」「バランス」しなければならない。

""Drucker states the importance of"" harmonizing ""two long and short times in decision-making. If it is difficult to harmonize, it is necessary to ""balance"".

In other words, decision making for the task at hand is required to be based on long-term goals.

Naturally, there are risks involved in ""Put current resources into an uncertain future"".

Is it an opportunity to chase after taking risks? It is thought while making it ""balance"" to say.

Drucker's thinking about risk falls into four categories.
1 Risks to bear (risks inherent to the business)
2 Risks that can be overcome (the degree to which you lose some money and effort even if you fail to pursue opportunities)
3 Unforgettable risk (destruction or permanent handicap)
4 Risks from not having (a huge benefit can be gained if it succeeds)

Future business goals and means are not visible. Therefore, there is no fixed answer. What is needed in a world without a correct answer is the right question.

We must examine things from various angles by issuing the correct ""question"" and ""harmonize"" and ""balance"" the long and short times. """
経営学ランキング
posted by 剛 at 05:52| Comment(0) | ドラッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月30日

No.2647非営利組織の経営V#3成果をあげるための意思決定p145F6【(あまりに多くの決定が立派な意図に終わっている。原因は四つある。)(中略)第四に、誰が何をするかを考え抜いていないからである】P.F.ドラッカー連続投稿世界一 2,647日目 感謝!!

"意思決定そのものは上層で決まる。しかし、実行そのものは下層で行われる。

そして決定自体は正しい実行があってはじめて成果を生む。つまり、実行者が実行できるレベルでなくてはいけない。

しかし、意思決定の目的を果たすことのできない低いレベルでは意味がない。これが課題である。

そのため、実行者が決定について何を期待されているのか、どのような変化を期待するのか理解しなければならない。

そのためには、意思決定プロセスに実行者も参画してもらう必要がある。そうでなければ解決策に責任を負ってもらうことはできない。

""Decision itself is determined in the upper layer, but the implementation itself is done in the lower layer.

And the decision itself will only produce results if there is correct execution. In other words, it must be at a level that the executor can execute.

However, it is meaningless at lower levels that can not fulfill the purpose of decision making. This is the task.

Therefore, we must understand what the practitioner is expected to make about the decision and what kind of change is expected.

In order to do so, it is necessary to have the executor participate in the decision-making process. Otherwise you can not be held responsible for the solution.
"""
経営学ランキング
posted by 剛 at 06:00| Comment(0) | ドラッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月29日

No.2646非営利組織の経営V#3成果をあげるための意思決定p144F4【(あまりに多くの決定が立派な意図に終わっている。原因は四つある。)(中略)第三に、担当者を決めていないからである】P.F.ドラッカー連続投稿世界一 2,646日目 感謝!!

"この場合、担当者とは実行にあたるべき責任者を指す。

意思決定が実行に至るのは、誰かの仕事や責任になるからである。

責任者を決めておくことは、誰か一人は時間を割き、注意を払い、問題を理解しておく必要があるからである。

そして、もし見込みがなければ中止する意思決定をしなければならないからである。

これらの理由から意思決定を効果的に行うためには、決定前に予め担当者(行動者、責任者)を決めておく必要があるのである。

""In this case, the person in charge is the person in charge of execution.

Decision-making leads to execution because it is someone's job or responsibility.

To decide who is responsible is because one person needs to spend time, pay attention, and understand the problem.

And if they have no prospect, they have to make decisions to stop.

For these reasons, in order to make an effective decision, it is necessary to decide the person in charge (the actor, the person in charge) in advance before making the decision.
"""
経営学ランキング
posted by 剛 at 06:38| Comment(0) | ドラッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする