2019年07月22日

No.2639非営利組織の経営V#3成果をあげるための意思決定p135F1【非営利組織のトップマネジメントといえども、それほど意思決定に時間を使っているわけではない】P.F.ドラッカー連続投稿世界一 2,639日目 感謝!!

"トップマネジメントは会議、面談、情報収集に、ほとんどの時間を使っているとドラッカーは言う。

では、トップマネジメントは、いかにして僅かな時間で意思決定を行うのか?

それは問題の根本を理解し、いくつかの明確な要素と手順から構成された体系的なプロセスに従って意思決定を行うのである。

そして、一度、基本の方針、原則を得たあとは同じように意思決定する。

以下、意思決定のプロセス
@問題の峻別
A問題の根本の明確化
B意思決定の目的の明確化
C対立する意見
D対立する意見から複数の選択肢
E選択肢から最善の解決策を選択
F決定からのフィードバックによる意思決定の評価

このように、正しい基本を得るならば、同じ状況の問題は同様に処理することが可能である。そのため僅かな時間で意思決定を行えるのである。

""Top management spends most of its time in meetings, interviews and gathering information, says Drucker.

So how does top management make decisions in a short time?

It understands the root of the problem and makes decisions according to a systematic process composed of several distinct elements and procedures.

And once you get the basic policies and principles, make the same decisions.

Below, the process of decision making
1 Classification of problems
2 Clarification of the root of the problem
3 Clarification of purpose of decision making
4 Opposing Opinions
5 options from multiple views
Choose the best solution from 6 options
7 Evaluation of decision making by feedback from decision

Thus, the problem of the same situation can be dealt with in the same way, given the correct basis. """
経営学ランキング
posted by 剛 at 05:43| Comment(0) | ドラッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月20日

No.2638非営利組織の経営V#3成果をあげるための意思決定p135L4【のべつ意思決定を行う者は、意思決定の成果をあげられない】P.F.ドラッカー連続投稿世界一 2,638日目 感謝!!

"問題解決に関する意思決定は、問題の本質を捉えた決定でなければならない。

つまり、「何が問題で」「解決の中身は何でなければならないか」を理解する必要がある。

ドラッカーは、「問題の種類を間違って理解するならば決定も間違う」としている。

そのため意思決定は、
@個々の問題ではなく根本的なことについて考えなければならない
A問題の根本をよく理解して決定しなければならない
B不変のものを見なければならない
C形にこだわることなく、インパクトを求めなければならない
D賢くあろうとせず、健全でなければならない
E基本を理解して決定すべきものと、個々の事情に基づいて決定すべきものとを峻別しなければならない
F正しい妥協とそうでない妥協の見分け方を知らなければならない

したがって、意思決定はトップマネジメントにとって仕事の一つかも知れない。しかし、意思決定の質が成果の質を変えるという特別の仕事である。

""A decision on problem solving must be one that captures the essence of the problem.

In other words, it is necessary to understand what is the problem and what should be the contents of the solution.

Drucker says, ""If you misunderstand the type of problem, the decision is wrong.""

So the decision is
1 I have to think about the fundamental things, not individual problems
2We must understand and decide the root of the problem well
3 must see something unchanged
We must seek impact without being stuck in 4 form
5 Be smart and be healthy
6 We have to distinguish between what should be decided by understanding the basics and what should be decided based on individual circumstances
7We need to know how to identify the right compromise and not the right one

Therefore, decision making may be one of the tasks for top management. But the quality of decision-making is a special task that changes the quality of the outcome. """
経営学ランキング
posted by 剛 at 06:58| Comment(0) | ドラッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

No.2637非営利組織の経営V#2「してはならないこと」と「しなければならないこと」p134L2【人を長期わたってスタッフ部門に配置してはならない】P.F.ドラッカー連続投稿世界一 2,637日目 感謝!!

"組織において成果を規定するのは人である。人という資源をいかに有効に活用できるかが組織の成否を分ける、と言っても過言ではない。そのため、人をどのように配置するかはとても重要となる。

人事はその任務に最適な人物をあてるのは言うまでもない。任務に対し強みを十分に発揮できる人物に任せるよう配置することが必要となる。

しかし、配置後、その任務を果たすことが困難であると判断したなら、直ちに異動をさせる手だてを講じなくてはならない。放置しておくことは組織にとってマイナス面が大きく本人も自覚している筈である。

一方、働く人の側からすると「くだらないと思われるもののために朝出かけるほど、疲れを覚えさせられるものはない」とドラッカーは述べているように、マンネリ化した日常に飽き飽きしたとき、人は成長しなくなる。

成長が期待できなくなると言うことは、組織においても今以上の成果は期待できない、と言うことである。担当を変える、配置を変える、スタッフ部門から現場に復帰させ外の世界を見るというだけでも変化は起こる。

It is no exaggeration to say that it is the people who define the outcome in an organization, and how effectively people resources can be used is the success or failure of an organization. It becomes important.

It goes without saying that human resources hire the best person for the task. It will be necessary to place it on someone who can fully demonstrate their strengths for the task.

However, if it is determined that it is difficult to carry out the task after placement, it must take steps to immediately make the transfer. It is a habit of leaving the organization with a large negative side and being aware of the person.

On the other hand, from the worker's side, as Drucker says, ""There is nothing more tired than going out in the morning for what seems dumb,"" a person grows up when she gets bored with the mundane daily life. It disappears.

The fact that growth can not be expected means that no further achievements can be expected in the organization. Change will occur just by changing roles, changing positions, returning from the staff department to the scene and looking at the outside world. """
経営学ランキング
posted by 剛 at 06:26| Comment(0) | ドラッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする