2019年07月04日

No.2621非営利組織の経営V#1非営利組織にとっての成果p118F1【非営利組織には成果を重視しない傾向がある。ところが成果は、企業よりも非営利組織において大きな意味をもつ】P.F.ドラッカー連続投稿世界一 2,621日目 感謝‼

"ドラッカーは、非営利組織は@直接の成果とAそれを測定する方法を考えなければならない、と言う(企業の場合、財務上の収支は測定と言う意味では具体的である)。

@直接の成果=「何を(成果とするのか?)」
A測定方法=「どれだけ(やればよしとするか?)」

@とAを決めれば、
@「何を(成果とするのか?)」→取るべき戦略が決まり
A「どれだけ(やればよしとするか?)」→集中すべきこと
が決まる。

病院の場合、A.病気を予防した数、B.どれだけ早く患者を完治させたか、A,Bどちらを成果とするのかで@取るべき戦略が決まり、A集中すべきこと決まる。A.ならば病気とは無縁と思っている人を顧客にしなければならない。

図書館の場合、A.図書館の来館のリピート率、B.地域社会への教育、A,Bどちらを成果にするのかで@取るべき戦略が決まり、A集中すべきことが決まる。B.ならば来館していない非顧客を増やすことを視野に入れなければならない。

このように、2点が決まらなければ成果は生まれない。非営利組織では、直接成果とそれを測定する方法が重要なのである。

""Drucker says that non-profit organizations must think about how to measure one direct outcome and two (in the case of a company, the financial balance is specific in the sense of measurement).

1 Direct Output = ""What (is it the result?)""
2 Measurement method = ""How much (do you do it good?)""

If you decide 1 and 2,
1 ""What do you want to achieve?"" → The strategy to be taken is decided
2 “How much do you do (do you do it?)” → things to concentrate
Is decided.

In the case of a hospital, A. The number of diseases prevented, B. How quickly patients are cured or A or B is the outcome. A. If it is A. then you have to make the customer a person who thinks that there is no disease.

In the case of libraries, A. The repeat rate of visits to libraries, B. Education to the community, A. Which of B and B will be the outcome. B. If you have a view to increase the non-customers who have not come to the hall.

In this way, if two points are not decided, no result will be produced. In non-profit organizations, it is important to directly measure outcomes and how to measure them. """
経営学ランキング
posted by 剛 at 06:11| Comment(0) | ドラッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする