2019年07月07日

No.2624非営利組織の経営V#1非営利組織にとっての成果p121F6【非営利組織と企業との最大の違いは、非営利組織には多様な関係者がいるところにある】P.F.ドラッカー連続投稿世界一 2,624日目 感謝‼

"利害関係者の多い非営利組織では、サービスの受給者も多様である。そのためマーケットをセグメントし、それぞれのセグメント用にサービス内容を変え提供する必要がある。

例えば、食品メーカーであれば利害関係者は主婦(顧客そのもの)とスーパーなどの店舗である。

しかし、大学は学生と親、高校の生徒と親と高校の先生、理事、など多種多様な何種類もの顧客がいる。

非営利組織は利害関係者が2種類以上いるため、第一、第二、第三の利害関係者・・・、をあらい出さなければならない。

同時にサービスを必要としなくなった利害関係者も削除していく必要がある。

重要な問いは、

「われわれの顧客は誰か」
「顧客は何を価値あるものと考えるか」

である。

""In a non-profit organization with many stakeholders, the recipients of services are diverse, so it is necessary to segment the market and change and provide services for each segment.

For example, in a food maker, stakeholders are stores such as housewives (customers themselves) and supermarkets.

However, the university has a wide variety of customers such as students and parents, high school students and parents, high school teachers, board members, and so on.

A non-profit organization has more than one type of stakeholder, so it has to put out the first, second, third stakeholder ....

At the same time, it is necessary to delete the stakeholders who no longer need the service.

The important question is

""Who is our customer""
""What do the customers consider as valuable?""

It is. """
経営学ランキング
posted by 剛 at 06:38| Comment(0) | ドラッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする