2019年07月09日

No.2626非営利組織の経営V#1非営利組織にとっての成果p124F1【非営利組織はいかなる活動も止めることができない。行っていることは、すべて神の御心であり大義である。しかし経済性も考えなければならない】P.F.ドラッカー連続投稿世界一 2,626日目 感謝‼

"非営利組織とって大義は重要である。そして人間が生きている限り、行うべき活動は多く終わりはない。ところが、全ての活動で成果をあげることはできない。

成果とは、人を変え、社会を変える、ことである。外に起こる変化である。非営利組織は外に変化を起こさなくてはいけない。

この変化は自らの強みでしか起こすことはできない。つまり、自らの強みが発揮できる分野でしか成果はあげられない、ということである。

成果の評価測定は、病院への来院数、中毒者や犯罪者の更生率、いずれも定量化できる。全ての活動を行うことは不可能だが、強みが発揮できる分野なら成果をあげることは可能である。

そう考えるならば、人、資金、時間、労力という資源を強みが発揮できる分野に集中させなければならない。これはある意味制約である。しかし、成果をあげる秘訣である。

""The cause is important for a non-profit organization, and as long as human beings live, there is not much work to be done.

The result is to change people and change society. It is a change that happens outside. Non-profit organizations have to make changes outside.

This change can only be triggered by one's own strengths. In other words, results can only be achieved in areas where their strengths can be demonstrated.

Performance evaluation measures can quantify the number of hospital visits and the rate of rehabilitation for poisoned or offenders. It is impossible to do all activities, but it is possible to achieve results in areas where strengths can be demonstrated.

If you think so, you have to concentrate resources such as people, money, time and effort in areas where strength can be demonstrated. This is a semantic constraint. However, it is the key to achieving results.
"""
経営学ランキング
posted by 剛 at 05:24| Comment(0) | ドラッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする