2019年07月11日

No.2628非営利組織の経営V#2「してはならないこと」と「しなければならないこと」p128F4【争いはシステムの不調の現れである】P.F.ドラッカー連続投稿世界一 2,628日目 感謝!!

"「システムの不調」とは、これまでのやり方が実態とあわなくなった(なってきている)ことを示す。

そのため、「争い」が多くなってくる。争いは一見個と個の衝突とも考えられるが、頻繁に起こるならば組織構造の改革が必要である。

組織全体を見て仕組みそのものを変える必要がある。部分の改善ではない。組織構造を変え実態に合う形にしなければならない。

""The"" system's upset ""means that the way it has been done is out of sync with the reality.

Therefore, there is a lot of ""fighting"". Although the war may be considered as a clash between individuals at first glance, if it happens frequently, reform of the organizational structure is necessary.

We need to look at the entire organization and change the mechanism itself. It is not part improvement. We have to change the organizational structure and make it fit the reality. """
経営学ランキング
posted by 剛 at 06:36| Comment(0) | ドラッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする