2019年07月15日

No.2632非営利組織の経営V#2「してはならないこと」と「しなければならないこと」p133L5【みながそれぞれの強みを発揮できるように配置しなければならない】P.F.ドラッカー連続投稿世界一 2,632日目 感謝!!

"ドラッカーは仕事ができない者について「間違った場所に置かれているだけである」と言う。

つまり、仕事で成果をあげられない者は、強みが発揮できない仕事や部署にいるだけで、強みを生かせる仕事や部署につけば成果をあげられるようになる。

「強みが発揮」できるよう人を適切に配置にすることがリーダーの仕事である。

このときに重要なことは、仕事と人をつなぐ目標設定である。個人に対し組織の目標に貢献し働けるように「方向づけ」を行うことが重要となる。それが目標である。

したがって、人は目標に貢献しうるよう配置され、配置によって能力(強み)が生かされ、能力(強み)が発揮できる仕事が退屈なはずがない。

得意なことで成果を生みだし達成感と満足、自信や誇り、なにより上司、同僚、後輩から信頼を得ることができる。

""Drucker says that those who can not do work are only placed in the wrong place.""

In other words, those who can not achieve results in their work will be able to achieve results if they are in the job or department where they can not exert their strengths, and if the work or department that makes use of their strengths can be achieved.

It is the leader's job to properly place people in order to be able to demonstrate their strengths.

The important thing at this time is the goal setting that connects work and people. It is important to “orient” individuals to contribute to and work with the organization's goals. That is the goal.

Therefore, people can be arranged to contribute to their goals, the ability to leverage their strengths and their ability to exert their strengths can not be boring.

Being good at it produces results and a sense of accomplishment and satisfaction, confidence and pride, and above all, you can earn the trust of your superiors, colleagues, and juniors.
""
"
経営学ランキング
posted by 剛 at 07:39| Comment(0) | ドラッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする