2019年07月16日

No.2633非営利組織の経営V#2「してはならないこと」と「しなければならないこと」p133L3【組織全体の目線、ビジョン、期待、基準を上げるには、スターを活用する必要がある】P.F.ドラッカー連続投稿世界一 2,633日目 感謝!!

"ドラッカーは、「先生になることほど多くを学べることはない。先生役を頼むことは最高の評価である」と述べている。

自分がよくできたこと、上手くいったことを教える本人の方が、教えられた他人よりも学ぶことが多い。

同僚や部下に自分がどうやって上手くやったのかを教えることによって、自分自身が学ぶことになる。

人材育成についても「人の育成にあたって最も有効な方法は先生役をしてもらうことである。(中略)先生役を頼むことは最高の評価でもある」と述べている。

こうした成長のための取り組みを一人ひとりが意識し、互いに「教えあう組織」は「学習する組織」となり、「学習する組織」は「成長する組織」となり、「学習し続ける組織」は「成長し続ける組織」となる。

""Drucker says,"" We can not learn as much as becoming a teacher. Asking a teacher is the best evaluation. ""

The person who teaches what he did well and he did well learned more than the others he taught.

You will learn by teaching your colleagues and subordinates how you did well.

As for human resources development, he said, ""The most effective way to develop people is to have them play the role of a teacher. .... Asking the role of a teacher is also the best evaluation.""

Organizations who are aware of each other's efforts for such growth are ""teaching organizations"" become ""learning organizations"", ""learning organizations"" become ""growing organizations"", and ""learning organizations"" continue to grow Organization. """
経営学ランキング
posted by 剛 at 05:56| Comment(0) | ドラッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする