2019年07月17日

No.2634非営利組織の経営V#2「してはならないこと」と「しなければならないこと」p134F4【目標と基準さえ明らかならば評価は可能である】P.F.ドラッカー連続投稿世界一 2,634日目 感謝!!

"ドラッカーは「人は、自らの仕事ぶりは自ら評価できなければならない」と言う。

しかし、そのためには目標と基準が明らかでなければ評価はできない。目標を設定するのは、組織のエネルギーと資源を正しい領域に集中するためである。

組織の人間一人ひとりのエネルギーと経営資源(特に人的資源)をあげるべき成果の領域に集中させる。

そして、目前の仕事(短期)と将来に向けた仕事(長期)のベクトル合わせ(方向づけ)を可能にするのが目標と言うことになる。

設定した目標を行動に落とし込むのが実行計画である。具体的には、@行動できるほど分解された具体的目標、A実行期限、B実行できる強みをもつ担当者を決めることである。

個人の目標設定は、@事業の成果(目標)→A部門の成果(目標)→Bチームの成果(目標)→C個人の成果(目標)の順となり、自らの目標に対する「仕事ぶり」を評価しなければならない。

最後に、自らの仕事ぶりと成果を目標に照らし合わせて測定することが必要である。そのためには、自らの仕事ぶりを測定するための基準と情報が必要である。

これはあくまで自ら測定し評価することが重要で、上司によって監督管理されるものではない。

""Drucker says,"" people have to be able to evaluate their own work. ""

However, for that purpose, evaluation can not be made unless the goals and criteria are clear. The goal is to focus your organization's energy and resources in the right areas.

Concentrate the energy and management resources (especially human resources) of each person in the organization in the area of ​​the outcome to be achieved.

And the goal is to be able to align (orient) the current work (short term) and the work for the future (long term).

The action plan is to put the set goals into action. Specifically, it is to decide the person in charge who has the strength to be able to perform 1) concrete goals, 2 implementation deadlines, and 3 that can be implemented.

The individual goal setting is 1 business result (target) → 2 department results (target) → 3 team results (target) → 4 individual results (targets) in order of “work at work” against their own goals It must be evaluated.

Finally, it is necessary to measure your own work performance and results against your goals. In order to do so, we need standards and information to measure our own work.

It is important to measure and evaluate oneself, and not to be supervised and managed by a superior.
""
"
経営学ランキング
posted by 剛 at 06:14| Comment(0) | ドラッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする