2019年07月18日

No.2635非営利組織の経営V#2「してはならないこと」と「しなければならないこと」p134F7【評価は常に抜きん出てよくできたことに基づいて行われなければならない】P.F.ドラッカー連続投稿世界一 2,635日目 感謝!!

"ドラッカーは「ゆっくり」と「低い」は違うとし、基準は高く設定する必要がある、と言う。

人は基準に従って成長する。低く設定すれば少ししか成長せず、高く設定すれば基準に従うように大きく成長する。

また、人は目標の半分くらいしか達成できないことが多い。そのため、基準も最初から2倍の基準にしておく。

さらに、ドラッカーは「リーダーの仕事ぶりが高ければ普通の人の仕事ぶりも高くなる」と述べている。

リーダーが模範となり集団の高い基準となることで、目標地点の旗印・目印となり頂上を目指しやすくなる。

したがって、リーダーこそ高い基準を求めなければならない。そのためには「強み」を十分に活用し、発揮すること。

評価はできなかったことではなく、強みによって良くできたことにが基準となる。

""Drucker says that"" slow ""and"" low ""are different and the criteria need to be set high.

People grow according to standards. A low setting will grow little, a high setting will grow large to follow the standard.

Also, people can often achieve only about half the goal. Therefore, the standard is also doubled from the beginning.

Drucker also said, ""If the leader's work is high, the average person's work will also be high.""

The leader becomes an example and becomes a high standard of the group, it becomes a flag, a mark of the target point, and it becomes easy to aim at the top.

Therefore, leaders must seek high standards. In order to do so, make full use of the “Strength” and demonstrate it.

It is not the thing that could not be evaluated, but the thing that could be done by strength is the standard.
"""
経営学ランキング
posted by 剛 at 06:54| Comment(0) | ドラッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする