2019年07月19日

No.2636非営利組織の経営V#2「してはならないこと」と「しなければならないこと」p134L7【組織の内部に成果はない】P.F.ドラッカー連続投稿世界一 2,636日目 感謝!!

"ドラッカーは、組織の中に成果は存在せず、すべての成果は外にある、としている。

それは、非営利組織の存在意義は組織の内部のためではなく外のためにあるからである。そのため組織の内部に生じるものは努力とコストであって内部にはコストセンターがあるだけだ、と述べている。

このことから組織の成果は外の世界(外部)にあり、そこに焦点を合わせなければ組織は成果をあげることができない。

組織の成果が外の世界(外部)に焦点を当てているならば、個人の貢献は組織の成果を通じて外の世界の成果へ繋がる。

成果への貢献に目を向けていない努力は、「ただ身体を業務時間内に動かしただけ」となる。業務時間を使って成果を生まない仕事は成果ではなくコストを生んでいるとも言える。

""Drucker says that there are no outcomes in the organization and all outcomes are out.

That is because the nonprofit organization's existence is not for the organization but for the outside. So what is happening inside the organization is effort and cost, and there is only a cost center inside.

Because of this, the result of the organization is in the outside world (outside), and the organization can not achieve the result without focusing on it.

If an organization's performance is focused on the outside world (external), individual contributions will lead to the outside world's performance through the organization's performance.

Efforts that do not focus on contributing to the outcome are ""only moving the body during work hours"". It can be said that work that does not produce results using work hours is not an outcome but a cost.
"""
経営学ランキング
posted by 剛 at 07:17| Comment(0) | ドラッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする