2019年07月23日

No.2640非営利組織の経営V#3成果をあげるための意思決定p138F6【検討は、リスクからではなく機会から始めるべきである】P.F.ドラッカー連続投稿世界一 2,640日目 感謝!!

"ドラッカーは「未来について確実なことは、それが不確実なものであるということだけである」と言う

そして、「経済活動とは、現在の資源を未来に、すなわち不確実な期待に賭けることである」と述べている。

そのため「うまくいったら何を意味することになるかを考え、そのあとリスクを考える」としている。

非営利組織の場合、企業と違い経済活動ではないが事業として考え方は一緒である。そのためリスクの考え方も一緒である。

@負えるリスク
失敗しても被害は小さい。元に戻せる

A負えないリスク
失敗したら深刻な害をなす。元に戻せない

B負わざるえないリスク
失敗したら害は大きい。しかし、回避不可能。負わなければならない(例えば新薬の開発)

要は、機会を検討するとき@かBならば機会を追求せよ、と言うことである。

""Drucker says,"" The sure thing about the future is that it is uncertain ""

""Economic activity is to bet current resources on the future, that is, on uncertain expectations.""

For this reason, he says, ""think about what it means to be successful and then think about risk.""

In the case of a non-profit organization, unlike companies, it is not an economic activity, but the idea is the same as a business. Therefore, the concept of risk is the same.

1 Risk to bear
Even if it fails, the damage is small. Can be restored

2 Uncontrollable risk
It will cause serious harm if it fails. I can not recover

3 Unavoidable Risk
The harm is great if you fail. However, it can not be avoided. Have to bear (eg development of new drugs)

The point is that when considering an opportunity, if it is one or three, pursue the opportunity. """
経営学ランキング
posted by 剛 at 06:01| Comment(0) | ドラッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする