2019年07月24日

No.2641非営利組織の経営V#3成果をあげるための意思決定p139F5【何についての意思決定であるかを知るためにも、反対意見が必要である】P.F.ドラッカー連続投稿世界一 2,641日目 感謝!!

"ドラッカーは「全員一致で決めたのでは、問題の本質ではなくうわべの現象で決めたことになる」と述べている。

つまり、どの意見もそれぞれの経験、価値観、嗜好から出されたものであり、問題のあらゆる側面を見ることができる。

反対意見を問題の本質をよく理解するために活用するのである。

その結果、本質的な解決策を打ち出すことができ成果をあげること可能となる。

""Drucker says,"" If you decide unanimously, you decide not to be the essence of the problem, but a seeming phenomenon. ""

In other words, every opinion comes from each experience, values and preferences, and you can see all aspects of the problem.

We use dissent to better understand the nature of the problem.

As a result, it is possible to come up with essential solutions and to achieve results. """
経営学ランキング
posted by 剛 at 05:52| Comment(0) | ドラッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする