2019年07月25日

No.2642非営利組織の経営V#3成果をあげるための意思決定p140L8【意見の対立を建設的にとらえ、相互の理解と敬意の鍵として利用しなければならない】P.F.ドラッカー連続投稿世界一 2,642日目 感謝!!

"ドラッカーは、「成果をあげる人は、何よりもまず問題の理解に関心をもつ。誰が正しく誰が間違っているかなど問題ではない」と言う。

嘘でない限り、どの意見も個々人の経験、価値観、嗜好から出された意見であり、問題の本質をよく理解するために活用しなければならない。

そのため、意見の「根拠は何か?」を知ること重要で意見者が問題の「どこを見ているのか?」、自分と異なる「何を見ているのか?」を知ることができる。

これにより、真の問題がどこにあるのかを理解する手助けとなる。

反対に、人で意見を判断するならば問題のあらゆる側面を見ることが出来なくなる。そして、問題の十分な理解に至らない可能性がある。結果、本質的な解決策を打ち出すことが出来ず成果をあげることが難しくなる。

""Drucker says,"" The performers are first and foremost interested in understanding the problem. It doesn't matter who is wrong and who is wrong. ""

Unless it is a lie, every opinion is an opinion derived from an individual's experience, values and preferences, and must be used to understand the essence of the problem.

Therefore, it is important to know ""What is the basis of the opinion?"", And it is possible to know ""where do you see?""

This helps to understand where the real problem is.

On the other hand, if people judge their opinions, they can not see every aspect of the problem. And it may not lead to a full understanding of the problem. As a result, it is difficult to come up with an essential solution and it is difficult to achieve results. """
経営学ランキング
posted by 剛 at 05:55| Comment(0) | ドラッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする