2019年08月31日

No.2679非営利組織の経営X#1自らの成長p207L6【(有給のスタッフやボランティアが、夜の会議に疲れて、「みんな、なんてばかなのか、どうしてやるべきことをやらないのか」と大声で文句をいい合いながら帰途につく。それでいながら、では、なぜ辞めてしまわないのかと聞かれれば、「とても大事なことだから」と答える。)そのような組織をつくり上げる鍵は、全員が、目的の達成には自分の存在が不可欠であると実感できるように仕事を組織することである】P.F.ドラッカー連続投稿世界一 2,679日目 感謝!!

"「仕事を組織する」とは、どのようなことであろうか?

これは仕事の設計と人の配置に関することである。すなわち、仕事を分析・分類し、作業(職務)まで分割。その後、作業(職務)や活動にもとずいて組織化する。ここまでが仕事の設計。一方、その作業(職務)や活動を任せる人を選ぶ。これが人の配置にあたる。

もう少し仕事の設計について具体的に言うと、次のようになる。
@活動分析、決定分析、関係分析をし、仕事を分類する
A分類した仕事を活動に分割し、作業に分割する
Bそれらの活動と作業を組織構造にまとめる
Cそれらの活動とそれぞれの部門のマネジメントを行うべき者を選ぶ

ちなみに、決定分析とは、
@成果を手にするにはいかなる決定が必要か
Aそれらの決定はいかなる種類の決定か
Bそれらの意思決定をいかなるレベルで行うか
Cいかなる活動がそれらの決定に関係があるか。いかなる活動が影響を受けるか
Dいかなる部門のマネジメントが、いかなる決定に参加し、相談を受け、あるいは決定の結果を知らなければならないか

関係分析とは、
@どこの誰と協力して働かなければならないか
Aどこの誰に対していかなる種類の貢献を行わなければならないか
B逆に、どこの誰からいかなる種類の貢献を受けることができるか
である。

“What does“ organize work ”mean?

This is about work design and people placement. In other words, work is analyzed and classified and divided into work (duties). Then organize based on work (duties) and activities. This is the work design. On the other hand, select a person to leave the work (duties) and activities. This is the arrangement of people.

More specifically about work design:
@Perform activity analysis, decision analysis, relationship analysis, and classify jobs
A Divide the classified work into activities and divide them into work
B Summarize those activities and work in an organizational structure
C Select the person who should manage those activities and each department

By the way, what is decision analysis?
@ What decisions are necessary to obtain results
A What kind of decisions are those decisions?
B What level of decision-making do you make?
C What activities are related to those decisions. What activities are affected
D What department management should participate in any decision, receive consultation, or know the result of the decision?

What is relationship analysis?
@Who should work with whom
(2) Who and who should make what kind of contribution
B On the other hand, who can receive what kind of contribution
It is. """
経営学ランキング
posted by 剛 at 07:11| Comment(0) | ドラッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月30日

No.2678非営利組織の経営X#1自らの成長p207F2【人は組織とビジョンを共有するからこそ非営利組織で働く】P.F.ドラッカー連続投稿世界一 2,678日目 感謝!!

"ビジョンとは、例えば社会的意義のある「本来あるべき姿」、「望ましい理想像」。言わば「未来像(図)」である。

それを成し遂げることが非営利組織にとってのミッションであり、目的である。

人がボランティアとして集うのはミッションに共感できるから。つまり、ミッションに「価値あり」と感じるからである。

組織のミッション(価値観)と個人の価値観が近いため、ビジョンを共有できる。

他方、人の成長は、「価値あり」と思える組織で働き他人に与えることで自らが必要とされる。

仕事を成し遂げることで自他を認められる。

困難を乗り越えることで成長し、満足を得ることが出来る。

反対に成長の出来ない組織は、これらのものを得ることが出来ない。そのため、人は惰性で働くか辞めてしまう。

“Vision is, for example, a socially meaningful“ ideal ”and“ desired ideal ”. In other words, it is a “future image (figure)”.

Achieving that is a mission and purpose for non-profit organizations.

People gather as volunteers because they can sympathize with the mission. In other words, the mission feels “worthy”.

Since the organization's mission (values) and individual values are close, the vision can be shared.

On the other hand, human growth is needed by working in an organization that seems to be “worthy” and giving it to others.

Recognize yourself and others by completing work.

By overcoming difficulties, you can grow and get satisfaction.

Conversely, organizations that cannot grow cannot get these things. As a result, people quit working or quit.
"""
経営学ランキング
posted by 剛 at 06:31| Comment(0) | ドラッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月29日

No.2677非営利組織の経営W#5人のマネジメントp202L8【全員に対し、「あなたの助けになるような何かを私はしているか。邪魔になるような何かを私はしているか」も聞かなければならない】P.F.ドラッカー連続投稿世界一 2,677日目 感謝!!

"組織では成果をあげるために、一人ひとりが互いの強み、仕事の仕方、価値観を生かしながら仕事を進めることが重要。

しかし、自分の仕事の仕方が他人の仕事の仕方の邪魔となる。結果的に時間を奪う。そのため、自分の仕事の仕方が他人の邪魔になっていないか聞く必要がある。

例えば、他人に話しかけ場を和ませていると思っていたが、その会話のために集中して仕事ができない、など。自分の仕事の仕方が他人の仕事時間を奪っていることに注意しなければならない。

ただし、CEOとして聞くべきは主として機会についてである。

キーマンには、「自分は皆の何を知る必要があるのか?」、「機会はどこにあると思うか?」、「どこに問題があると思うか?」、「うまくいっていることと、うまくいっていないことは何か?」、「何を改善しなければならないか?」を聞く。

全員に対しては、「あなたの助けになるような何かを私はしているか?」、「邪魔になるような何かを私はしているか?」を聞く。

その後、これらの答えをもとに行動することが求められる。

“In order to achieve results in an organization, it is important for each person to work while taking advantage of each other's strengths, work styles and values.

However, the way you work is an obstacle to the way others work. As a result, it takes time. Therefore, it is necessary to ask if the way you work is getting in the way of others.

For example, I thought I was relaxing my speaking space with others, but I couldn't concentrate on my work because of the conversation. You should be aware that the way you work has taken away the work time of others.

However, what you should hear as a CEO is mainly about opportunities.

Keyman said, ""What do I need to know about everyone?"", ""Where do you think the opportunity is?"", ""Where do you think there is a problem?"" ""What is not there?"" And ""What should be improved?""

Ask everyone, ""I am doing something that can help you?"" And ""I am doing something that gets in the way.""

After that, it is required to act based on these answers. """
経営学ランキング
posted by 剛 at 06:08| Comment(0) | ドラッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする