2019年12月31日

No.2801経営者の条件#1成果をあげる能力は修得できるp40L6【(成果をあげる能力が天賦のものであるならば、今日の文明は維持不能とまではいかなくとも、きわめて脆弱となる。)今日のような組織に基盤をもつ文明は、なにがしかの成果をあげる能力をもつ人を大量に必要とするからである】P.F.ドラッカー連続投稿世界一 2,801日目感謝!!

"現代社会は組織からなる社会であり、組織活動一つひとつが社会を支えている。その組織活動の成果が文明を発展させる。

つまり、組織の成果いかんによって、社会や文明が発展するか否かが決まる。

その組織を支えるのは、われわれ知識労働者である。知識労働者の成果いかんによって、組織が成果をあげるか否かが決まる。

ところが、もし成果をあげる能力が天賦の才能であるならば、人間の数が足りない。人間の数が足りないと言うことは、成果をあげる組織が足りない、と言うことである。

もし、限られた組織しか成果をあげられないならば、当然、社会や文明の発展は困難になる。

では、人間が成果をあげるよう効果的に働き、組織が成果をあげる方法があるのか。それが「マネジメント」である。

したがって、われわれは「マネジメント」を身につけなければならない。一人ひとりが文明の進歩発展の担い手であり、担い手にならなければならない、と言うことである。

""The modern society is a society of organizations, and each organizational activity supports society. The results of that organizational activity will develop civilization.

In other words, the outcome of an organization determines whether society and civilization will develop.

It is our knowledge workers that support the organization. The performance of knowledge workers determines whether or not an organization performs.

However, if the ability to achieve results is a gifted gift, there are not enough humans. Insufficient numbers of people mean that there are not enough organizations to produce results.

If only a limited number of organizations can achieve results, it will naturally be difficult for society and civilization to develop.

So, is there a way for people to work effectively to achieve results and for organizations to achieve results? That is management.

Therefore, we must learn ""management."" It means that each and every one of us is a leader in the advancement and development of civilization and must become a leader.
"""
経営学ランキング https://yaplog.jp/happpykarate/archive/131
posted by 剛 at 07:35| Comment(0) | ドラッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月30日

No.2800経営者の条件#1成果をあげる能力は修得できるp37L3【人類の歴史は、いかなる分野においても、豊富にいるのは無能な人のほうであることを示している】P.F.ドラッカー連続投稿世界一 2,800日目感謝!!

"ドラッカーは、「組織の目的は凡人をして非凡をなさしめることである」とし、一つの分野に強みを持った人間を、その強みを発揮して仕事が行えるような組織をつくることを学ぶことの重要性を説く。

組織社会の現代において、成果は他者の生み出すものを利用したり、利用されながら成果をあげていく。そのためは組織はマネジメントによって平凡な人、一人ひとりの強みを活用し成果をあげなくてはならない。

そのような組織をつくるために重要な役割となるのがマネジャーである。

マネジャーの仕事は、
@目標を設定する
A(仕事を)組織(化)する
Bチームをつくる
C評価する(評価尺度決め、本人が自らを評価できるようにする)
D自らを含め人材を育成する
である。

このマネジャーの仕事、すなわちマネジメント力が鍵となる。

""Drucker said,"" The purpose of an organization is to make ordinary people extraordinary, ""and to create people who have strengths in one field and can do their jobs by using those strengths. Explain the importance of learning.

In the modern times of the organizational society, the outcomes use what is produced by others and produce results while being used. To that end, organizations must use management to leverage the strengths of ordinary people and each and every one of them to achieve results.

An important role in creating such an organization is the manager.

The job of the manager is
@ Set goals
A Organize (work)
B Create a team
CEvaluate (Determine an evaluation scale so that the individual can evaluate himself / herself)
育成 Develop human resources including yourself
It is.

The job of this manager, the management skills, is key. """
経営学ランキング https://yaplog.jp/happpykarate/archive/131
posted by 剛 at 07:49| Comment(0) | ドラッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月29日

No.2799経営者の条件#1成果をあげる能力は修得できるp37L2【われわれはせいぜい、一つの分野に優れた能力をもつ人を組織に入れられるだけである】P.F.ドラッカー連続投稿世界一 2,799日目感謝!!

"ドラッカーは、「一つの分野に優れた能力をもつ人といえども、他の分野については並みの能力しかもたない」と言う。

つまり、これは「あらゆる分野に才能をもつ」万能な人間など稀であり、組織は「せいぜい、一つの分野に優れた能力をもつ人」の集団で成り立っている、と言うことである。

組織は、この「せいぜい、一つの分野に優れた能力をもつ人」の能力を発揮させるようマネジメントしなければならない。

一方、個人一人ひとりは組織やチームの目標に貢献するよう自らをマネジメントする術を学ばなければならない。

つまるところ、組織も個人も人間の能力の飛躍的向上ではなく、「仕事の方法の改善」によって「仕事ぶり」の向上を図る、と言うことである。

""Drucker says,"" Even a person who has excellent abilities in one field has only the same abilities in other fields. ""

In other words, this is rare for all-purpose people who are ""talented in all fields"", and organizations consist of a group of ""at best, those who have excellent abilities in one field"".

Organizations must manage to make the best use of this ""person who has excellent abilities in one area"".

On the other hand, each individual must learn how to manage himself to contribute to the goals of the organization or team.

In the end, organizations and individuals aren't about improving their abilities, but about improving their ways of working by improving their ways of working. """
経営学ランキング https://yaplog.jp/happpykarate/archive/131
posted by 剛 at 08:14| Comment(0) | ドラッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする