2020年02月29日

No..2861プロフェッショナルの条件Part2#2なぜ成果があがらないのか75L8【外の世界における真に重要なことは、趨勢ではない】P.F.ドラッカー連続投稿世界一 2,861日目感謝!!

"ドラッカーは、「外の世界における真に重要なことは、趨勢ではない。(趨勢の)変化である」と言う。

趨勢とは「ある方向へと動く勢い」または「社会などの、全体の流れ」である。

このことから、「社会全体がある方向へ勢いよく流れていくときよりも、全体の流れが変化するとき」に注視することが重要、と解釈できる。

ただし、外の変化はすぐに定量化できるわけではない。そのため、現場に出て変化を知覚することが重要、と言える。

""Drucker says,"" What really matters in the outside world is not the trend. It is the change. ""The trend is “the momentum moving in a certain direction” or “the whole flow of society and the like”.From this, it can be interpreted that it is important to pay attention to ""when the whole flow changes rather than when the whole society flows in a certain direction"".However, external changes cannot be immediately quantified. Therefore, it can be said that it is important to go out and perceive the change.""" https://yaplog.jp/happpykarate/archive/131
posted by 剛 at 07:23| Comment(0) | ドラッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年02月28日

No..2860プロフェッショナルの条件Part2#2なぜ成果があがらないのか74L6【組織は、存在することが目的ではない。種の永続が成功ではない】P.F.ドラッカー連続投稿世界一 2,860日目感謝!!

"では、組織の目的は何か?

ドラッカーは、組織は社会的な機関であるため「外の環境に対する貢献が目的」だ、としている。

なぜなら、組織が組織として成果をあげ、価値ある存在か否かを決めるのは外(社会・顧客)への貢献度によるからである。

この貢献度が高ければ、高いほど社会から存続することを許され、貢献度が低ければ存続することは許されなくなる。

この外への貢献こそが組織の目的でもあり、役割である。そして組織の目的・役割は組織の「使命」そのものと言える。

""So what is the purpose of the organization?Drucker states that an organization is a social institution and ""is intended to contribute to the outside environment.""This is because an organization's success as an organization and whether or not it is valuable depends on its contribution to the outside world (society and customers).The higher the contribution, the higher the society is allowed to survive, and the lower the contribution, the less the society is allowed to survive.This outside contribution is also the purpose and role of the organization. And the purpose and role of the organization can be said to be the ""mission"" of the organization itself. """ https://yaplog.jp/happpykarate/archive/131
posted by 剛 at 06:18| Comment(0) | ドラッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年02月27日

No..2859プロフェッショナルの条件Part2#2なぜ成果があがらないのか74F7【一定の業績を得るために投入した努力が少ないほど、よい仕事をしたことになる】P.F.ドラッカー連続投稿世界一 2,859日目感謝!!

"これはドラッカーの「組織の中に成果は存在しない。すべての成果は外にある」と関係している。

もし、組織が生み出す製品やサービスが顧客が購入するまでは努力とコストでしかないのであれば、組織内部は努力と様々なコストだらけと言える。

当然、成果を生み出すまでにかかる努力とコストは、少ない方が生産的で良い仕事と言える。そのためには、効果的にかつ効率的に働く必要がある。

いかに効果的かつ効率的に働くかはマネジメントの領域となる。仕事の「目的」を考え、行うべき仕事に適切に取り組むこと。それが効果的に仕事を行う秘訣である。

""This has to do with Drucker's statement:"" There are no outcomes in the organization. All outcomes are out. ""If the products and services that an organization creates are only a matter of effort and cost before a customer buys it, the organization can be said to be full of effort and various costs.Naturally, the less effort and cost it takes to produce results, the more productive and good the job. To do so, they need to work effectively and efficiently.How to work effectively and efficiently is an area of management. Thinking about the ""purpose"" of the job and properly addressing the job to be performed. That is the secret to working effectively. """ https://yaplog.jp/happpykarate/archive/131
posted by 剛 at 06:41| Comment(0) | ドラッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする