2021年01月02日

No.3169プロフェッショナルの条件Part2#3貢献を重視する83F4【貢献に焦点を合わせることこそ、成果をあげる鍵である@】P.F.ドラッカー連続投稿世界一 3,169日目(2021年1月2日)感謝!!

"人にはそれぞれ強みと弱み、得意と不得意がある。

ドラッカーは、「結果を生むには利用できるかぎりの強み、すなわち同僚の強み、上司の強み、自らの強みを動員しなければならない。強みこそが機会である」とし、「強みを生かすことは組織に特有の機能である」と述べている。

個人の強みという固有の部分(パーツ)を組織という全体の中へ位置づけること(組み込むこと)。そして強みを発揮させることが組織の役割である、という訳だ。

そして、組織自体は個々人の視点を貢献にあわせ、貢献から得られる強みのベクトルを束ねることにより組織は成果をあげることが可能となる。
(次号へ続く)

" https://yaplog.jp/happpykarate/archive/131
posted by 剛 at 08:04| Comment(0) | ドラッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする