2021年02月03日

No.3201プロフェッショナルの条件Part2#3貢献を重視する90L4【仕事に焦点を合わせた関係において成果が何もなければ、温かな会話や感情も無意味である】P.F.ドラッカー連続投稿世界一 3,201日目(2021年2月3日)感謝!!

"これは組織での人間関係についての一文だ。ドラッカーは、このような人間関係を「貧しい関係」と言っている。

ここでは「仕事に焦点をあわせた関係」と「成果」がポイントとなる。つまり、仕事をする上で成果を生まない人間関係は組織においては意味がない、と言うことだ。

当然、人間関係は互いにいがみ合っているよりは、仲の良い方がいい。しかし、それは仕事が生産的であることが前提である。

互いに協力し合い成果を生む関係性があれば、良い関係を構築できる。ただし、そのためには互いに貢献に焦点をあわせることが必要だ。

したがって、組織では仕事上の関係においては仲の良いだけの人間関係は無意味である。生産的あり、成果を生み出す関係であることが前提である。" https://yaplog.jp/happpykarate/archive/131
posted by 剛 at 06:30| Comment(0) | ドラッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする