2021年02月08日

No.3206プロフェッショナルの条件Part2#3貢献を重視する90L6【生産的であることが、よい人間関係の唯一の定義である】P.F.ドラッカー連続投稿世界一 3,206日目(2021年2月8日)感謝!!

"組織において人は組織の成果に貢献することで組織から必要な存在とされる。

ただし個人の貢献が組織の成果に結びつくためには、その人に「できること・得意なこと(強み)」を生かせる環境・組織であることが重要だ。

人は自らの「できること・得意なこと(強み)」で貢献し、その貢献が組織の成果に結びついていることを実感するとき満足感・達成感を得える。と同時に、生産性が向上する。

そして、自分と他者における組織での役割を知る。自他の役割を知り、互いに認め、互いの強みを生かし利用しながら一人ひとりが貢献へ働きかけるとき、組織は大きな成果を生む。

そこではじめて真の意味ある人間関係を築くことができる。" https://yaplog.jp/happpykarate/archive/131
posted by 剛 at 05:35| Comment(0) | ドラッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする