2021年10月31日

No.3471プロフェッショナルの条件Part4#5人の強みを生かす189F3【強みこそが機会であるC】P.F.ドラッカー連続投稿世界一 3,471日目(2021年10月31日)感謝!!

"若い新入社員はもちろん、あらゆる年齢層の人たちにとって「自分は自分の強みがものをいう適した仕事についているか」を自問自答することは大切だ。

そして、それを判断するためには、自らの強み、仕事の仕方、価値観を予め把握しておく必要がある。

ドラッカーは、自分の強み、仕事の仕方、価値観がわかっていれば、チャンスを掴むことはもちろん、職場での仕事について「私のやり方はこうです」、「こういうものにすべきです」、「他の組織や人との関係はこうなります」、「これこれの期間内にこれこれのことを仕上げられます」、「私こそうってつけです」など言えるようになる、と述べている。
(次号へ続く)"
posted by 剛 at 07:33| Comment(0) | ドラッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年10月30日

No.3470プロフェッショナルの条件Part4#5人の強みを生かす189F3【強みこそが機会であるB】P.F.ドラッカー連続投稿世界一 3,470日目(2021年10月30日)感謝!!

"ドラッカーは、「山あるところには谷がある」とし、大きな強みをもつ者は同時に大きな弱みをもちあわせている、と述べている。

しかし、その弱みを克服するよりも先に強みをいかに見つけ伸ばしていくかの方がより重要である、としている。

ただし、気を付けなければいけないポイントが2つある。一つ目は、自分の磨いた強みが組織の貢献に繋がっていること。いくら強みを磨いて卓越しても方向性がズレていてはほとんど意味がない。

もう一つは、弱みが、強みを邪魔しているようなら弱みを修正しなくてはいけない。スポーツ選手に例えるなら、いくら足が速い選手でもスキルがかなり不足しているようであれば、やはりスキルを身につけるトレーニングはしなくてはいけない。

まずは、自分の強みを発見し、強みを磨いて卓越し、その分野のスーパースターを目指そう。"
posted by 剛 at 07:07| Comment(0) | ドラッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年10月29日

No.3469プロフェッショナルの条件Part4#5人の強みを生かす192L4【リンカーンでさえ、強みをもとに人を選ぶまでに、なぜ三回も弱みをもとに人事を行ったのかB】P.F.ドラッカー連続投稿世界一 3,469日目(2021年10月29日)感謝!!

"(前回続き)
また、「仕事上の関係において成果がなければ、温かな会話や感情も無意味である」とドラッカーは言う。

こう考えると人間関係の潤滑油として会話は重要だが、その先に成果が生まれなければ「単なる無駄話・世間話をしただけ」に終わってしまう。

そればかりか、成果をあげることのできない組織は社会にとっては無用の存在とされてしまう、と言う訳だ。

『リーダーたる者は自らを仕事の下に置かなければならない。仕事と自分を一体化してはならない。仕事はリーダー自身よりも重要であって、リーダーとは別個のものである』。"
posted by 剛 at 06:30| Comment(0) | ドラッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする