2023年12月22日

No.4,253マネジメント(中)#31マネジメントの仕事マネジメント(上)#19働く人と働くことのマネジメント285F1【第二次世界大戦の頃に人間関係学派の研究成果が発表されて以降、動機づけ、自己実現、産業心理学、産業社会学、人間関係についての研究と文献が花ざかりとなった。(中略)それらのうち最も引用されているものが、ダグラス・マクレガーがその著書『企業の人間的側面』で紹介したX理論とY理論であるM】P.F.ドラッカー連続投稿世界一 4253日目(2023年12月22日) 感謝‼

"(前回続き)

啓発というものは、自らの内側、つまり今の仕事で足りないもの(知識やスキルなど)、欠けているものを知ることから始まり、自らの自発的行為によって行うべきもの、と言える。

この自発的行為によって、自らを発展させていくプロセスが「成長」だ。

ところが、行うべき仕事のレベル(基準・水準)や目標が低く容易な場合、足りないもの、欠けているものを見つけることができない。と言うことは、自らの成長もない。

(次号へ続く)"
経営学ランキング
posted by 剛 at 07:00| Comment(0) | ドラッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2023年12月21日

2023年12月20日

No.4,251マネジメント(中)#31マネジメントの仕事マネジメント(上)#19働く人と働くことのマネジメント285F1【第二次世界大戦の頃に人間関係学派の研究成果が発表されて以降、動機づけ、自己実現、産業心理学、産業社会学、人間関係についての研究と文献が花ざかりとなった。(中略)それらのうち最も引用されているものが、ダグラス・マクレガーがその著書『企業の人間的側面』で紹介したX理論とY理論であるL】P.F.ドラッカー連続投稿世界一 4251日目(2023年12月20日) 感謝‼

"(前回続き)

また、今、自分に欠けているものを最も良く知っているは自分自身。他人ではない。「啓発」が常に内側からであって、外部の力によって行われない、と言うのはこのためだ。

最後に、人の「啓発」は自分自身で行うべきものが、方向づけとその基準は仕事の設計の仕方によるため注意を要する。

つまり、間違った仕事の方向づけは間違った成長を促すことになるし、仕事の低い基準は成長の妨げとなる可能性がある。"
経営学ランキング
posted by 剛 at 06:51| Comment(0) | ドラッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする