2023年12月19日

No.4,250マネジメント(中)#31マネジメントの仕事マネジメント(上)#19働く人と働くことのマネジメント285F1【第二次世界大戦の頃に人間関係学派の研究成果が発表されて以降、動機づけ、自己実現、産業心理学、産業社会学、人間関係についての研究と文献が花ざかりとなった。(中略)それらのうち最も引用されているものが、ダグラス・マクレガーがその著書『企業の人間的側面』で紹介したX理論とY理論であるL】P.F.ドラッカー連続投稿世界一 4250日目(2023年12月19日) 感謝‼

"(前回続き)

しかし、できるようになるのは(成長は)、誰かにしてもらったり、ただ待っているだけでは、できるようには(成長は)しない。

それは、やるべきことに対して、今、自分に欠けているもの(知識やスキルなど)を自らが身につけていくものだ。これを「啓発」と言う。

したがって、なすべきことに対して、できることが増えていく過程を「成長」と言い、その成長のために欠けているものを身につけていくことが「啓発」。なので、啓発と成長は同時に行われる、と言える。

(次号へ続く)"
経営学ランキング
posted by 剛 at 07:15| Comment(0) | ドラッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2023年12月18日

No.4,249マネジメント(中)#31マネジメントの仕事マネジメント(上)#19働く人と働くことのマネジメント285F1【第二次世界大戦の頃に人間関係学派の研究成果が発表されて以降、動機づけ、自己実現、産業心理学、産業社会学、人間関係についての研究と文献が花ざかりとなった。(中略)それらのうち最も引用されているものが、ダグラス・マクレガーがその著書『企業の人間的側面』で紹介したX理論とY理論であるL】P.F.ドラッカー連続投稿世界一 4249日目(2023年12月18日) 感謝‼

"「最後に、人の「啓発」は他の資源のように外部からの力によって行われるものではない。それは人の特質の利用方法を変更したり改善したりすることではない。人の啓発とは成長である。成長は常に内側から行われる。したがって、仕事は人の成長を促すとともに、その方向づけを行うべきものである」

人が仕事で成果を生むのは、なすべきこと(貢献すべきこと)に対して、できること(強み)を発揮したとき。

なすべきことに対して、できることが増えれば増えるほど(多くなればなるほど)成果は大きくなり、組織への貢献度は高くなる。そして、このなすべきことに対して、できることが増える過程のことを「成長」と言う。

(次号へ続く)"
経営学ランキング
posted by 剛 at 07:31| Comment(0) | ドラッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2023年12月17日

No.4,248マネジメント(中)#31マネジメントの仕事マネジメント(上)#19働く人と働くことのマネジメント285F1【第二次世界大戦の頃に人間関係学派の研究成果が発表されて以降、動機づけ、自己実現、産業心理学、産業社会学、人間関係についての研究と文献が花ざかりとなった。(中略)それらのうち最も引用されているものが、ダグラス・マクレガーがその著書『企業の人間的側面』で紹介したX理論とY理論であるK】P.F.ドラッカー連続投稿世界一 4248日目(2023年12月17日) 感謝‼

"(前回続き)

なぜなら、なずべきことができるようになっていくプロセスが成長だからだ。人は、できなかったことができるようになり、企業に貢献し成果をあげることで達成感や満足感、自信や信頼、位置づけや役割を得る。

したがって、働く人にとっても貢献することは重要だ。

これらのことから、企業は働く人に貢献や変化を受け入れてもらう必要がある。なぜなら、それが企業を発展させ、社会や文明を発展させ、個人を成果をあげる存在にするから。"
経営学ランキング
posted by 剛 at 07:17| Comment(0) | ドラッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする