2023年12月16日

No.4,247マネジメント(中)#31マネジメントの仕事マネジメント(上)#19働く人と働くことのマネジメント285F1【第二次世界大戦の頃に人間関係学派の研究成果が発表されて以降、動機づけ、自己実現、産業心理学、産業社会学、人間関係についての研究と文献が花ざかりとなった。(中略)それらのうち最も引用されているものが、ダグラス・マクレガーがその著書『企業の人間的側面』で紹介したX理論とY理論であるK】P.F.ドラッカー連続投稿世界一 4247日目(2023年12月16日) 感謝‼

"(前回続き)

また、社会を変えてゆくためには、社会的機関としての企業のイノベーションは必要不可欠。そのためには、企業で働く個人も変わって行かなくてはいけない。つまり、(第二に)変化を受け入れてもらうことが必要となってくる。

一方、働く人が成果をあげられるようになって行くためには成長が必要だが、そのためには、なずべきこと(貢献)に対し、できること(強み)を増やしていく(多くしていく)必要がある。

(次号へ続く)"
経営学ランキング
posted by 剛 at 07:26| Comment(0) | ドラッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする