2024年04月05日

No.4349マネジメント(中)#31マネジメントの仕事マネジメント(上)#19働く人と働くことのマネジメント285F1【第二次世界大戦の頃に人間関係学派の研究成果が発表されて以降、動機づけ、自己実現、産業心理学、産業社会学、人間関係についての研究と文献が花ざかりとなった。㊺】P.F.ドラッカーブログ投稿数世界一 4,349日目(2024年4月5日) 感謝‼

"「自らの成長が自分自身や仲間にとって脅威となる状況は最悪である。そのような状況をもたらすことは、エンジニアリングの失敗である」

ドラッカーは、「仕事のための組織においては、集団と個人の調和が重要な意味をもつ」としており、「個人の強み、主体性、責任、卓越性が、集団全体の強みと仕事ぶりの源泉となるよう仕事を組織する必要がある」と述べている。

(次号へ続く)"
経営学ランキング https://www.culture.gr.jp/detail/itemview.cfm?cl_dir=sapporo&cl_id=42&id=42000723&viewmode=pc
posted by 剛 at 05:58| Comment(0) | ドラッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする