2016年04月22日

マネジメント(上)×6企業とは何かp84F2【顧客の創造という目的を達するには、富を生むべき資源を有効利用しなければならない。資源を生産的に使用しなければならない】no.1453 P.F.ドラッカー連続投稿世界一 1,453日目 感謝!!

seesaa_profile_icon
ドラッカーは、「顧客の創造という目的を達するには、富を生むべき資源を有効活用しなければならない」と言う。資源の活用が非生産的であればロスが大きくなる。

ロスが大きければ、当然、組織の目的を達成することは困難となる。しかるに成果を生み出すことが困難となる。

そのため、組織にとって生産性は、死活問題となる。ドラッカーは生産性に重大な影響を与える要因について、@知識、A時間、B製品の組み合わせ(資源の組み合わせをあげた。

いずれにしろ、資源のロス、すなわち生産性の低下は組織に重大な影響を与える。そのため、マネジメントは仕事を生産的なものとし、人に成果をあげさせることを行わなければならない。

Drucker says that "to reach the objective of the customer's creation, it must make effective use of resources to produce wealth." Ross is increased if the use of resources is non-productive.

If is greater loss, of course, it is difficult to achieve the objectives of the organization. It is difficult to However produce results.

Therefore, productivity for the organization is a matter of life and death. Drucker about the factors that have a significant impact on productivity, @ knowledge, A time, cited a combination of B combination of product (resource.

In any case, the loss of resources, ie decrease in productivity is a significant impact on the organization. Therefore, management is assumed productive work, must be carried out to make up the results in person.

経営学ランキングへ
posted by 剛 at 07:00| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
労働だけが唯一の生産要素ではなくて、成果に結びつくあらゆる活動をが生産要素だとすれば、知識や時間(特にトップマネジメントの時間)、製品の組み合わせが生産性に大きな影響を与える要因となります。

人、モノ、金だけを生産要素せず、他の要因についてもよくよく目を向け、有効利用し生産性を高めることが企業の機能だといえます。
Posted by もっち at 2016年04月24日 09:06
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: