2017年09月04日

No.1953経営者の条件#7成果をあげる意思決定とは196L1【判断を行うためにはいくつかの選択肢が必要である】P.F.ドラッカー連続投稿『世界一』 1,953日目 感謝‼

5A1DF076-3EDB-4791-8DC5-D8635D535008.jpg
ドラッカーは、「意思決定とは判断である。いくつかの選択肢からの選択である」と言う。さらに、「はるかに多いのは、一方が他方よりもたぶん正しいだろうとさえいえない二つの行動からの選択である」と述べている。

これは、判断とはいくつかの選択肢からの選択と言うことであり、そのためには問題の共通理解を前提に、「異なる(対立する)意見」が必要なことを意味する。異なる意見がいくつかあり、選択肢が生まれる。

また、「一方が他方よりもたぶん正しいだろうとさえいえない二つの行動からの選択」と言うことは、そもそも意思決定にはリスクが伴うことを意味する。そのため、実行案が失敗したとき、別の案が必要となる。

そのときに、一つの案しか用意できていなければ、ただちに別の行動に移すことができなくなる。

したがって、意思決定とは判断であり、いくつかの選択肢からの選択である。その選択肢を生み出すために問題の共通理解と異なる意見を必要とする。

Drucker says, "Decision is a decision, it's a choice from several choices." Furthermore, "a far greater number is an option from two actions, one of which is probably more likely than the other."

This means that judgment is a selection from several choices, which means that "different (conflicting) opinion" is necessary on the premise of a common understanding of the problem. There are several different opinions, choices are born.

Also, saying "choosing from two actions, one of which is probably more probable than the other," implies risk involved in decision-making in the first place. Therefore, when the execution plan fails, another plan is needed.

At that time, if only one plan is prepared, it will be impossible to move to another action immediately.

Therefore, decision making is judgment, it is a choice from several choices. We need a common understanding and a different opinion to create that choice.



経営学ランキング
posted by 剛 at 06:38| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: