2018年03月14日

No.2144創造する経営者#1企業の現実6F9【成果そのものは、機会の開拓によってのみ得ることができる】P.F.ドラッカー連続投稿世界一2,144日目 感謝‼

6A7AC6F6-31E3-4757-B5F1-0E59810A874A.jpg
これは、ドラッカーがよく言うことの一つで何度も何度も繰り返し出てくる。何度も繰り返し出てくるということは、それくらい重要となこと、と言える。

要するに、問題の解決ではマイナスをゼロに戻すだけであり成果はあがらない、そのため、問題よりも先に機会から手をつけなさい、と言うことである。それが成果をあげる道だとしている。

なので、月ごと、あるは四半期ごとの報告書では、予期せず成功した分野(目標以上の成果をあげた分野)を問題が起きた出来事よりも先に載せるように述べている。

なぜなら、そこに新たなイノベーションの機会が存在する可能性があり、最初に載せることで皆の注目がそこに集中するからである。

したがって、企業の存在を危うくするような問題は当然無視する訳にはいかない。手当てが必要である。ただし、問題の解決で得られるものは通常の状態である。優れた成果をあげたいのであれば、問題よりも先に機会に注目し機会から手をつけるべきである。

This is one of the things that Drucker often says, and it comes up again and again and again. It can be said that it is important as much as it comes out again and again.

In short, in solving the problem it is only to return the minus to zero and the result is not improved, so to say that you should start handling opportunities before the problem. It is said that it is a way to achieve results.

So, in a monthly or quarterly report, we have stated that we can post unexpectedly successful areas (fields that have achieved results beyond our goals) before events where problems occurred.

Because there is the possibility that new opportunities for innovation exist there, because everyone's attention concentrates there by putting it first.

Therefore, we can not disregard the problem which compromises the existence of a company naturally. Care must be taken. However, what is obtained by solving the problem is a normal state. If you want to achieve excellent results, you should focus on opportunities and take opportunities from opportunities before problems.

経営学ランキング
posted by 剛 at 06:25| Comment(0) | ドラッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: