2018年03月14日

No.2145創造する経営者#1企業の現実6L7【(3)成果をあげるには、資源を問題にではなく、機会に投じなければならない】P.F.ドラッカー連続投稿世界一2,145日目 感謝‼

6A7AC6F6-31E3-4757-B5F1-0E59810A874A.jpg
これもドラッカーがよく言うことである。問題を全く無くすことは不可能である。しかし、最小限に抑えることはできる。

問題に資源、特に最も貴重な人という資源を投下するのであれば、その分を機会に投じた方が成果が得られる。

同様に、問題に対していかに適切に仕事をするは重要なことであるが、機会をみつけ機会に対しなすべき仕事を行うことはさらに重要なことである。

したがって、成果をあげるためには機会を見つけ機会を最大限に生かさなければならない。そのために問題よりも機会に資源を投じ、投じたに相応しい仕事をしなければならない。

This is also what Drucker often says. It is impossible to completely eliminate the problem. However, it can be minimized.

If resources are dropped to the problem, especially resources of the most valuable person, the result will be obtained if you throw it on opportunity.

Likewise, it is important to work properly to the problem, but it is more important to do the work to do for opportunities to find opportunities.
Therefore, in order to maximize the opportunity to find out opportunities, resources must be invested at opportunities rather than problems.
Therefore, in order to maximize the opportunity to find out opportunities, resources must be invested at opportunities rather than problems.

経営学ランキング
posted by 剛 at 22:29| Comment(0) | ドラッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: