2019年07月31日

No.2648非営利組織の経営V#3成果をあげるための意思決定p145F6【意思決定とは現在の資源を不確かな未来に投ずることである】P.F.ドラッカー連続投稿世界一 2,648日目 感謝!!

"ドラッカーは、意思決定において長期と短期の2つの時間を「調和」させることの重要性を述べている。調和させることが難しければ「バランス」させる必要がある。

つまり、目前の課題に対する意思決定は、長期的な目標に基づいた意思決定であることが要求される、と言うことである。

当然、「現在の資源を不確かな未来に投ずる」ためにリスクがともなう。

リスクを負ってでも追うべき機会なのか?と言うことを「バランス」させながら考えるのである。

リスクについてドラッカーの考え方は4つに分類される。
@負うべきリスク(事業にはつきもののリスク)
A負えるリスク(機会の追求に失敗しても多少の資金と労力を失う程度)
B負えないリスク(破滅するか、永久的なハンディを負う)
C負わないことによるリスク(成功すれば莫大な利益が得られる)

未来の事業目標や手段は目に見えない。そのため、決まりきった正解は無い。正解のない世界で必要になるのは正しい「問い」である。

正しい「問い」を発することで事物を様々な角度から検証し、長期と短期の時間を「調和」「バランス」しなければならない。

""Drucker states the importance of"" harmonizing ""two long and short times in decision-making. If it is difficult to harmonize, it is necessary to ""balance"".

In other words, decision making for the task at hand is required to be based on long-term goals.

Naturally, there are risks involved in ""Put current resources into an uncertain future"".

Is it an opportunity to chase after taking risks? It is thought while making it ""balance"" to say.

Drucker's thinking about risk falls into four categories.
1 Risks to bear (risks inherent to the business)
2 Risks that can be overcome (the degree to which you lose some money and effort even if you fail to pursue opportunities)
3 Unforgettable risk (destruction or permanent handicap)
4 Risks from not having (a huge benefit can be gained if it succeeds)

Future business goals and means are not visible. Therefore, there is no fixed answer. What is needed in a world without a correct answer is the right question.

We must examine things from various angles by issuing the correct ""question"" and ""harmonize"" and ""balance"" the long and short times. """
経営学ランキング
posted by 剛 at 05:52| Comment(0) | ドラッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: