2021年02月27日

No.3225プロフェッショナルの条件Part3#2自らの強みを知る112F8【自らの属する場所がどこであるかを知るために、自らの強みを知ることが不可欠となっている】P.F.ドラッカー連続投稿世界一 3,225日目(2021年2月27日)感謝!!

"数十年前までは生まれによって仕事や職業が決められており、強みを知ること自体無意味であった。

また、強みを生かすなどと言うことがなかった。しかし、今日では仕事や職業を選択できるため、自分が活躍できる(強みを生かせる)フィールドがどこにあるのかを知り、そのためにまず自分の強みが何かを知ることが重要となった。

では、どうやって自分の強みを知るのか。ドラッカーはフィードバック分析によって強みを知ることができるとしている。

何かをはじめるとき、期待することを書き留め数か月後に結果と照合してみると言うものだ。この方法によって2〜3年で自分の強みが何かを知ることができる。

このように、職業選択の自由がある現代、まず自分が活躍できるフィールドがどこにあるのかを知ることが重要だ。

そのためには、まず自分の強みが何かを知らなくてはいけない。フィードバック分析はそのためのツールだ。フィードバック分析により自分の強みを発見したなら、次はその強みに集中し伸ばそう。" https://yaplog.jp/happpykarate/archive/131
posted by 剛 at 07:21| Comment(0) | ドラッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: