2023年12月23日

No.4,254マネジメント(中)#31マネジメントの仕事マネジメント(上)#19働く人と働くことのマネジメント285F1【第二次世界大戦の頃に人間関係学派の研究成果が発表されて以降、動機づけ、自己実現、産業心理学、産業社会学、人間関係についての研究と文献が花ざかりとなった。(中略)それらのうち最も引用されているものが、ダグラス・マクレガーがその著書『企業の人間的側面』で紹介したX理論とY理論であるM】P.F.ドラッカー連続投稿世界一 4254日目(2023年12月23日) 感謝‼

"(前回続き)

また、人的資源の成長が組織発展の要因である今日の組織社会においては、組織自体の発展も難しくなる。

したがって、個人の仕事は挑戦的で、高い目標を必要とする。それは、個人のためのみならず、組織全体の成長のためでもある。"
経営学ランキング
posted by 剛 at 07:10| Comment(0) | ドラッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: