2024年02月27日

No.4311マネジメント(中)#31マネジメントの仕事マネジメント(上)#19働く人と働くことのマネジメント285F1【第二次世界大戦の頃に人間関係学派の研究成果が発表されて以降、動機づけ、自己実現、産業心理学、産業社会学、人間関係についての研究と文献が花ざかりとなった。㉜】P.F.ドラッカーブログ投稿数世界一 4,311日目(2024年2月27日) 感謝‼

"(前回続き)

ただし、自律した存在となり得るためには、彼らは自らを管理できなければならない。その責任がある。組織はその責任を求めなければならない。

また、人は要求のレベルに応じた力を発揮するものである。と言うことは、組織の生産性や働く人自身の成長のためにも多くを求めることが必要となる。

したがって、組織はで働く人に対し業績に対する責任と多くを求めざるを得ない。
"
経営学ランキング
posted by 剛 at 06:12| Comment(0) | ドラッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: